初心者向けに、アロマテラピーの基本をご紹介します……「7秒でリラックス!アロマテラピー入門」

7秒でリラックス!アロマテラピー入門

♪アロマテラピーで自然治癒力を高め、健康美人を目指しましょう♪ ――アロマテラピーは、いま話題のLOHAS(ロハス)です――
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


役立ちましたらランキングに投票(ここをクリック)してください(励みになります!)
「香りの演出・パヒューム特集(1)」の続きです。


ノートについて

 エッセンシャルオイルは、香りの性質の違いによって、3つのノートにグループ分けされます。

トップノート揮発性が高く、立ち上がりが速い香り。
第一印象を決める。
フルーツ系、メンソール系
ミドルノート中程度の揮発性のもので、つけてから数分後にゆっくりと漂う香り。
その香水の成分の中心を構成。
フローラル系
ベースノート揮発性が低く、数時間後まで安定して香りが持続。
その香水の全体をまとめ、香りの保留剤としての役目を果たす。
バルサム(樹脂)系、スパイシー系

 オイルをブレンドする際、トップ+ミドル+ベースの組み合わせになるように選ぶと、調和のとれた香りをデザインすることができます。
 トップ、ミドル、ベースの順にオイルを入れるようにしてください。

 実際にブレンドする前に、必ず香りを試してみましょう。失敗してからでは遅いですからね。


ブレンド例

 みなさんも、自分の好みの香りや目的に応じて、オリジナル香水にチャレンジしてみてください。

>>> 1.1種類のエッセンシャルオイルで調香
好きな香り、目的に応じて1種類だけを使って作ります。

>>> 2.同じタイプのエッセンシャルオイルをハーモニーさせる
例)シトラス系の香水
 無水エタノール4ml、レモン8滴、レモングラス4滴

>>> 3.異なるタイプのエッセンシャルオイルで目的に応じたブレンド
例)リフレッシュして集中力を高めるコロン
 無水エタノール10ml、レモン5滴、ローズマリー1滴、精製水2ml

>>> 応用例

・デートのとき(催淫作用のある香水)
 無水エタノール5ml、ジャスミン2滴、イランイラン3滴、サンダルウッド2滴、パチュリー6滴

・私のお気に入り、リラックス用香水
 無水エタノール5ml、ラベンダー8滴、ベルガモット5滴


香水のつけ方

 ただ漫然と香水をつけるのではなく、服装や場面によって香りを使い分けてみましょう。服を着替えるように、身にまとう香りをつけかえると、新しい自分があらわれてくるかもしれません。
 手作り香水なら安価でできるし、服装や場面に適した香りを演出してみませんか。

 香水のつけ方で重要なのは、つける場所と<量です。

 香水が体温で気化するので、肌に直接、殊に手首や足の内側(体温が高く、よく動かす場所)につけるのが効果的です。
 上半身より下半身につけたほうがよく香ります。

 濃度が高い香水はポイント的に使い、薄いコロンなどは広範囲につけるようにしましょう。

 汗をかきやすい場所、直射日光の当たる場所は、香りが変わったりシミになったりすることがあるので避けてください。

 自分で感じる以上に他人には香るので、少なめかなと思うくらいがちょうどいいです。つけすぎてしまったら、アルコールでふきとるようにしましょう。

役立ちましたらランキングに投票(ここをクリック)してください(励みになります!)
スポンサーサイト
「アロマテラピー vs 花粉症(1)」の続きです。


免疫系を調整する

 さて、ここからはいよいよアロマによる花粉対策です。

 抗アレルギー作用のあるハーブティー、エルダーフラワーを継続的に飲むことによって体質改善をはかりましょう。
 生活リズムが乱れると花粉症の症状がひどくなるので、ラベンダーのエッセンシャルオイルをハンカチ等に1滴おとして枕元に置き、リズムを回復させるのもいいかもしれませんね。


くしゃみや鼻水等の症状をやわらげる

 ユーカリ(グロブラス)、ペパーミント、ティートゥリーなどのエッセンシャルオイルを吸入すると、鼻やのどの炎症が楽になります。
 ティーカップに熱湯を入れ、そこにエッセンシャルオイルを2、3滴おとして香りを吸い込みましょう。外出先などでは、ティッシュやハンカチに1滴おとして香りを嗅ぐだけでもかまいません。

 自宅で時間や場所がある場合は、本格的な蒸気吸入をしてみましょう。

 まず熱めのお湯を入れた洗面器にエッセンシャルオイルを1、2滴おとします(ペパーミントを用いた際は、刺激が強いので、お湯はぬるめにしてください)。
 バスタオルを頭からかぶり、蒸気を逃がさないようにして、ゆっくりと鼻から蒸気を吸い込みます。
このとき、必ず目は閉じたまま行ってください(蒸気が減ってきたら、エッセンシャルオイルではなくお湯を足すようにしてください)。
 終わったら、蒸気のかかった部分は水で洗っておきましょう。

 長時間の吸入は避け、咳が出ていたり、ぜんそくの場合は蒸気吸入は行わないでください。

 花粉症に限らず風邪にもいいのですが、メントール配合のマスクというものも売っていますので、活用なさってみてください(マスクは、高いものを購入するより、安いものをたくさん買って使い捨てにするほうがいいそうです)。

 ふつうのマスク(直接肌があたらないように、中のガーゼにでも)にユーカリ(グロブラス)、ペパーミント、ティートゥリーのエッセンシャルオイルのうち、どれかひとつを1滴しみこませるのもいいでしょう。


目のかゆみには

 使用後のカモミールティーのティーバッグを目の上にのせると、かゆみがやわらぎます。または、200mLの熱湯に5gのジャーマン・カモミールを入れて抽出し、冷ましてから、それを使って冷湿布をするのも効果的です。
 涙目にはローズのほうがいいでしょう。


ルームスプレーで花粉を撃退

 エッセンシャルオイルと無水エタノール、精製水(ミネラルウォーターで代用可)でルームスプレーを作り、室内の環境を整えましょう。

 >>> 「手作り、花粉対策用ルームスプレー」参照

 ぜひ試してみてください。


コロンを使って、どこでもシュッ

 あらかじめ、花粉用のエッセンシャルオイルがブレンド配合されたミストコロンが携帯にも便利です。
 マスクや部屋に吹き付けることで、芳香浴としての効果が期待できます。

 同じシリーズで、お風呂に入れて蒸気と一緒に吸い込むバスエッセンスや、ふつうのエッセンシャルオイルと同様の使い方ができる、花粉シーズン向けにブレンドされたブレンドエッセンシャルオイルもありますが、手軽さという観点からは、ミストコロンが一番便利かと思います。

役立ちましたらランキングに投票(ここをクリック)してください(励みになります!)
 ネット上でのある男性の知人(オフ会でお会いしたこともあります)は、アロマテラピーを楽しんでいらっしゃるそうです。気に入った精油(エッセンシャルオイル)をお風呂にいれてくつろいだり。

 男性だと、興味はあっても、人に聞くのは恥ずかしいし買いに行くのも恥ずかしいということがあるかと思います。私は、アロマテラピーを楽しめる男性は素敵だと思いますけど。アロマって、植物の力を借りて、ちょっと元気をわけてもらおうという感じがします。それを楽しめる男性って素敵だな。

「アロマとハーブのお店 プリヴェイル」「愛用のアロマテラピーショップ一覧」参照)のメルマガを読んでいたら、こういうものを発見しました。

男のためのおまかせアロマテラピーセット(M-1)
男のためのおまかせアロマテラピーセット(M-2)

 M-1のほうは、

・アロマライト(白磁製、電気式)
・精油(エッシェンシャルオイル)10mL(ペパーミントローズマリーラベンダーグレープフルーツ

 M-2のほうは上記に加えて、

・アロマ物語「アキレス」(フェイスローション)
・バスオイル(ラベンダー)
・ボディマッサージソルト(グレープフルーツ)

というセットになっています。これなら商品が手元に届いたその日から始められますね。

 アロマテラピーがちょっぴり気になっている男性の方、試してみてはいかがでしょう?

 ちなみに女性用もあります。

女性のためのおまかせアロマテラピーセット(F-1)
女性のためのおまかせアロマテラピーセット(F-2)

 こういうのって、プレゼントにも良さそうですね。誕生日、クリスマス、バレンタイン……そんなときに、シャレた贈り物になりそうです。

=7秒でピックアップ!=
>>> 男のためのおまかせアロマテラピーセット(M-1)(プリヴェイル)
>>> 男のためのおまかせアロマテラピーセット(M-2)(プリヴェイル)
>>> 女性のためのおまかせアロマテラピーセット(F-1)(プリヴェイル)
>>> 女性のためのおまかせアロマテラピーセット(F-2)(プリヴェイル)


役立ちましたらランキングに投票(ここをクリック)してください(励みになります!)
 何から始めたらいいかわからない、というアロマ初心者の方へ。こんなところから始めてみてはいかがでしょう?

初心者用のセットから始めてみる

 初心者向けに、セットになっているものがあります。
 ここでは、私が購入したことのあるものをご紹介します。

 >>> スターターセット-B
 ライトを点けるとグリーンの光が灯るミニアロマライトと、エッセンシャルオイルのセットです。価格も手頃だし、手元に届いてすぐ使用できるのが魅力です。

 私はこのアロマライトを、フットライトを兼ねて寝室で使用しています。グリーンのライトがとっても素敵です。

 >>> 「スターターセット-N」
 アロマライトだけでなく、アロマブリーズとのセットもかわいくていいかもしれませんね。

 マットに好きなエッセンシャルオイルを数滴おとし、アロマブリーズにセットして電源を入れるだけ。机の上に置いておくと、香りの風が吹いてきて素敵です。私はパステルブルーのものを使用しています。持ち運びが便利なので車の中でも使えます。


 最近、キャンドル式のアロマライトでヤケドをしたり火事になったりすることが多いそうです。
 ここで紹介したアロマライトは電気式なので、そういった危険性はありません。初めての方にも安全に使用できることと思います。

役立ちましたらランキングに投票(ここをクリック)してください(励みになります!)
 ハーブティーは、エッセンシャルオイルとは違った方法で植物の力を体内に取り入れる方法です。
 エッセンシャルオイルを用いると植物の油溶性の成分を取り込めるのに対し、ハーブティーを飲むことは水溶性の成分を取り込むことに相当します。

 ハーブティの効用は大きく分けて二つあります。

飲用により、有効成分を内服することができる
香りの吸入効果

 前述の通り、ハーブティーで得ることのできる有効成分は主に水溶性なので、尿と一緒に体外に排出されてしまいます。そのため、ハーブティーを活用する際は、一度にたくさん飲むよりも一日数回に分けて飲んだほうが効果的です。

 抽出温度・時間はハーブによって異なりますが、一般的には95度以上の熱湯で3~5分(花部、葉部の場合)もしくは10分以上(硬い根や実などの部分の場合)抽出してください。その間は、有効成分が揮発して逃げないように、ふたをしてください。

 好みや効能によって、自分でブレンドするのも楽しいでしょうね。

主なハーブティーと作用

アーティチョーク : 肝臓、胆のうの修復および機能亢進とそれにともなう強壮
エルダーフラワー : 発汗、保湿、抗アレルギー、緩和
クローブ : 消毒、抗菌、鎮痛
ジャーマン・カモミール : 消炎、鎮痛、鎮静、鎮痙、発汗、保湿
ジュニパー : 利尿、抗菌、鎮痛、抗リウマチ
セージ : 抗菌、収れん、内分泌系(ホルモン分泌)調整
タイム : 抗菌、鎮痙、去痰
ダンディライオン : 肝臓、胆のうの修復および機能亢進とそれにともなう強壮、利尿
ネトル : 増血、浄血、抗アレルギー、尿酸排泄
ハイビスカス : 代謝促進、強壮、利尿
スィートフェンネル : 胃腸の機能調整、鎮痙、利尿、内分泌系(ホルモン分泌)調整
ペパーミント : 胃腸の機能調整、中枢神経系(脳)機能亢進、鎮痙
マテ : 中枢神経系(脳)の機能亢進、利尿、強壮
ユーカリ : 消炎、去痰、抗菌
ラベンダー : 鎮静、鎮痙
リンデン : 鎮静、緩和、利尿
レモングラス : 消化器系機能調整、中枢神経系(脳)機能調整
ローズ : 鎮静、緩和、収れん
ローズヒップ : 利尿、ビタミンC補給、強壮
ローズマリー : 中枢神経系(脳)機能亢進、血液循環促進と血管壁強化


 ハーブティーを適宜生活に取り入れて、よりアロマの世界を楽しんで見ませんか。

役立ちましたらランキングに投票(ここをクリック)してください(励みになります!)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。