初心者向けに、アロマテラピーの基本をご紹介します……「7秒でリラックス!アロマテラピー入門」

7秒でリラックス!アロマテラピー入門

♪アロマテラピーで自然治癒力を高め、健康美人を目指しましょう♪ ――アロマテラピーは、いま話題のLOHAS(ロハス)です――
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


役立ちましたらランキングに投票(ここをクリック)してください(励みになります!)
 精油(エッセンシャルオイル)は、きちんとしたものを使わないとアロマテラピーとしての効果が期待できません。のみならず、かえって気分が悪くなったりしてしまいます。

 >>> 「Q3.どんな精油(エッセンシャルオイル)を選んだらいいの?」参照

 ここでは、高品質な精油を提供しているブランドを紹介します。

ロバートティスランド

 ロバート・ティスランドは、アロマテラピーの権威として著名であり、指導的な立場にあるイギリスのアロマの専門家です。
 1977年、アロマテラピーに関する最初の著書『アロマテラピー―「芳香療法」の理論と実際』を発表しました。また、質の高いアロマセラピーの研究と教育を行うために、1978年、ティスランド研究所・学院を創設しました。今もそこから誕生した多くのアロマセラピストが世界中で活躍しています。

 彼の著した『精油の安全性ガイド (上巻)』『精油の安全性ガイド (下巻)』は、300種類以上におよぶ精油の安全な使用法や毒物学上、薬理学上の情報が掲載されており、安全ガイドラインの決定版となりました。

 精油(エッセンシャルオイル)のブランド「ロバートティスランド」は、彼自身がオイルの原料の探求と選び抜かれた精油の研究に長い年月と情熱を費やして生まれた、精油の独自ブランドです。

 その信頼度は高く、品質についてもロバート・ティスランド自らが責任をもって管理しています。

 >>> 取り扱いネットショップ:【アロマテラピーのお店】

役立ちましたらランキングに投票(ここをクリック)してください(励みになります!)
スポンサーサイト
 精油(エッセンシャルオイル)は、きちんとしたものを使わないとアロマテラピーとしての効果が期待できません。のみならず、かえって気分が悪くなったりしてしまいます。

 >>> 「Q3.どんな精油(エッセンシャルオイル)を選んだらいいの?」参照

 ここでは、高品質な精油を提供しているブランドを紹介します。

マギー・ティスランド

 マギー・ティスランドは、1985年に発表された『女性のためのアロマテラピー』(改訂版は『新 女性のためのアロマテラピー』)の著者です。
 世界的にも有名なイギリスのアロマテラピー専門家でもあります。

 精油(エッセンシャルオイル)のブランド「マギー・ティスランド」は、彼女自身が世界各国の原産地から厳選した、無農薬栽培を原則とする原料から抽出された精油です。もちろん天然100%です。

 加えて、製品試験はボランティアによっと行なわれ、動物実験は一切行なっていません。パンフレットやパッケージ等にもできるだけ再生紙が使われており、地球環境を配慮したこだわりがあります。

 マギー・ティスランド製品には、以下のようなものがあります。

・精油(エッセンシャルオイル)
・キャリアオイル
・アロママッサージオイル
・フェイス用スキンオイル
・スキンケア製品(洗顔フォーム、化粧水、美容液等)
・フローラルウォーター   など

 >>> 取り扱いネットショップ:心とからだの健康館 さわやか21

役立ちましたらランキングに投票(ここをクリック)してください(励みになります!)
 症状別の精油(エッセンシャルオイル)の一覧表です。
 身体の症状に応じて、お好きな精油を選んでください。精油名をクリックすると、その精油のプロフィール・解説ページにいきます。

頭痛

グレープフルーツ(穏やかに作用しリフレッシュさせる)
ペパーミント(胃腸器系を整え気分をさわやかにする)
ラベンダー(精神を安定させ痛みを軽くする)
ローズマリー(痛みを鎮めて頭をすっきりさせる)
ローマンカモミール(穏やかに痛みを和らげる)

肩こり

ペパーミント(ほてりや腫れを冷やし炎症を鎮める)
マージョラム(けいれんを抑えて神経を穏やかにする)
ラベンダー(痛みのある筋肉をリラックスさせる)
ローズマリー(精神を刺激して元気にする)

便秘

パジル(消化器系を強くする)
マージョラム(ストレスを和らげ胃腸の働きを高める)
レモン(胃腸の働きを活発にさせ便意を促す)
ローズマリー(胃腸の働きを高める)

食欲不振

グレープフルーツ(食欲を刺激し気分も高揚させる)
ベルガモット(食欲を刺激して消化器系を正常にする)
レモン(消化器系の機能を活性化させる)
ローズマリー(消化不良を改等して胃腸の働きを高める)

冷え性

ジュニパー(末しょうの血行を促して身体を温める)
パジル(心身のストレスを和らげ元気にする)
ユーカリ(グロブラス)(鼻の炎症や不快感を和らげ“たん”をきる
ラベンダー(自律神経を強化する)
ローズマリー(刺激を与えて身体を温める)

風邪気味

サンダルウッド(胸部に働きかけ呼吸をスムーズにする)
ティートゥリー(殺菌&消毒の働きで免疫力を高める)
ベルガモット(殺菌&消毒の働きで不快感を軽減する)
ユーカリ(グロブラス)(鼻の炎症や不快感を和らげ“たん”をきる)
ラベンダー(炎症を鎮め呼吸をラクにしすっきりさせる)

花粉症

ティートゥリー(ストレスを和らげ、心身のバランスを整える)
ペパーミント(鼻水・鼻づまりの不快感を軽減)
ユーカリ(グロブラス)(鼻づまりを抑え呼吸をスムーズにする)
ラベンダー(アレルギー症に対する免疫力をつける)
ローマンカモミール(目のかゆみなどの炎症を和らげる)

 >>> 「花粉症特集」も参考になさってみてください。

乗り物酔い

グレープフルーツ(頭痛を和らげ気分をすっきりさせる)
ゼラニウム(精神のバランスを整えリフレッシュさせる)
ペパーミント(胃腸のむかつきや吐き気を抑える)
ベルガモット(気分を高揚させて活力を与える)
ラベンダー(頭痛や吐き気を鎮めて精神を穏やかにする)

>>> 愛用のアロマテラピーショップ一覧

役立ちましたらランキングに投票(ここをクリック)してください(励みになります!)
 効能別の精油(エッセンシャルオイル)の一覧表です。
 目的に応じて、お好きな精油を選んでください。精油名をクリックすると、その精油のプロフィール・解説ページにいきます。

リラックスしたい

ラベンダー(精神のバランスを整える)
イランイラン(こころを穏やかにする)
オレンジ(不安や緊張をほぐす)
ローズ(不安や緊張を和らげこころを鎮める)
ローマンカモミール(こころを穏やかに保つ)
ネロリ(憂うつな気分を抑えてこころを明るくする)
クラリセージ(緊張をほぐし平常心に戻す)

緊張をほぐしたい

ラベンダー(精神を安定させる)
イランイラン(動悸や混乱を鎮める)
オレンジ(不安や緊張をほぐす)
ローマンカモミール(こころを穏やかに保つ)
ネロリ(ショックや悲しみを和らげる)
サンダルウッド(自信を回復し充実感を抱かせる)
ペパーミント(気持ちを冷静にする)

眠れない

ラベンダー(心地よい眠りを誘う)
サンダルウッド(緊張を和らげる)
オレンジ(不安や緊張をほぐす)
ネロリ(心を穏やかにして安眠を促す)
ローマンカモミール(ストレスを和らげる)

リフレッシュしたい

グレープフルーツ(ストレスを和らげ心を落ちつかせる)
ジャスミン(憂うつな気分をなくし幸福感を与える)
オレンジ(憂うつ感をなくしてリフレッシュ)
ジュニパー(精神をひきしめ強くする)
ゼラニウム(精神のバランスを整える)
ローズマリー(精神を刺激して元気にする)
レモン(精神を刺激して集中力・記憶力を高める)
ベルガモット(自分に自信を持たせ心に活力を与える)
ペパーミント(精神を刺激してリフレッシュさせる)

仕事や勉強に集中したい

パジル(頭脳を明晰にする)
ローズマリー(脳を刺激して集中力を高める)
レモン(精神を刺激して記憶力を強化する)
ユーカリ(グロブラス)(集中力を高める)
ペパーミント(眠気を覚まして頭をすっきりさせる)

気分が落ち込みがち

オレンジ(憂うつ感をなくしてリフレッシュ)
ネロリ(憂うつな気分とストレスを和らげる)
ゼラニウム(精神のバランスを整える)
ベルガモット(自分に自信を持たせ心に活力を与える)
ローズ(幸福感を呼び起こす)

愛を深めたい

イランイラン(官能的な気分になる)
サンダルウッド(性欲を刺激し気持ちを高揚させる)
ジャスミン(陶酔させ幸福感をかき立てる)
パチュリー(性欲を刺激しセクシーな気分にさせる)
ローズ(優雅な気分にして女性らしい感性を引き出す)

>>> 愛用のアロマテラピーショップ一覧

役立ちましたらランキングに投票(ここをクリック)してください(励みになります!)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。