初心者向けに、アロマテラピーの基本をご紹介します……「7秒でリラックス!アロマテラピー入門」

7秒でリラックス!アロマテラピー入門

♪アロマテラピーで自然治癒力を高め、健康美人を目指しましょう♪ ――アロマテラピーは、いま話題のLOHAS(ロハス)です――
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


役立ちましたらランキングに投票(ここをクリック)してください(励みになります!)
「アロマテラピー vs 花粉症(1)」の続きです。


免疫系を調整する

 さて、ここからはいよいよアロマによる花粉対策です。

 抗アレルギー作用のあるハーブティー、エルダーフラワーを継続的に飲むことによって体質改善をはかりましょう。
 生活リズムが乱れると花粉症の症状がひどくなるので、ラベンダーのエッセンシャルオイルをハンカチ等に1滴おとして枕元に置き、リズムを回復させるのもいいかもしれませんね。


くしゃみや鼻水等の症状をやわらげる

 ユーカリ(グロブラス)、ペパーミント、ティートゥリーなどのエッセンシャルオイルを吸入すると、鼻やのどの炎症が楽になります。
 ティーカップに熱湯を入れ、そこにエッセンシャルオイルを2、3滴おとして香りを吸い込みましょう。外出先などでは、ティッシュやハンカチに1滴おとして香りを嗅ぐだけでもかまいません。

 自宅で時間や場所がある場合は、本格的な蒸気吸入をしてみましょう。

 まず熱めのお湯を入れた洗面器にエッセンシャルオイルを1、2滴おとします(ペパーミントを用いた際は、刺激が強いので、お湯はぬるめにしてください)。
 バスタオルを頭からかぶり、蒸気を逃がさないようにして、ゆっくりと鼻から蒸気を吸い込みます。
このとき、必ず目は閉じたまま行ってください(蒸気が減ってきたら、エッセンシャルオイルではなくお湯を足すようにしてください)。
 終わったら、蒸気のかかった部分は水で洗っておきましょう。

 長時間の吸入は避け、咳が出ていたり、ぜんそくの場合は蒸気吸入は行わないでください。

 花粉症に限らず風邪にもいいのですが、メントール配合のマスクというものも売っていますので、活用なさってみてください(マスクは、高いものを購入するより、安いものをたくさん買って使い捨てにするほうがいいそうです)。

 ふつうのマスク(直接肌があたらないように、中のガーゼにでも)にユーカリ(グロブラス)、ペパーミント、ティートゥリーのエッセンシャルオイルのうち、どれかひとつを1滴しみこませるのもいいでしょう。


目のかゆみには

 使用後のカモミールティーのティーバッグを目の上にのせると、かゆみがやわらぎます。または、200mLの熱湯に5gのジャーマン・カモミールを入れて抽出し、冷ましてから、それを使って冷湿布をするのも効果的です。
 涙目にはローズのほうがいいでしょう。


ルームスプレーで花粉を撃退

 エッセンシャルオイルと無水エタノール、精製水(ミネラルウォーターで代用可)でルームスプレーを作り、室内の環境を整えましょう。

 >>> 「手作り、花粉対策用ルームスプレー」参照

 ぜひ試してみてください。


コロンを使って、どこでもシュッ

 あらかじめ、花粉用のエッセンシャルオイルがブレンド配合されたミストコロンが携帯にも便利です。
 マスクや部屋に吹き付けることで、芳香浴としての効果が期待できます。

 同じシリーズで、お風呂に入れて蒸気と一緒に吸い込むバスエッセンスや、ふつうのエッセンシャルオイルと同様の使い方ができる、花粉シーズン向けにブレンドされたブレンドエッセンシャルオイルもありますが、手軽さという観点からは、ミストコロンが一番便利かと思います。
スポンサーサイト


役立ちましたらランキングに投票(ここをクリック)してください(励みになります!)
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://aroma7seconds.blog6.fc2.com/tb.php/103-d95db504
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。