初心者向けに、アロマテラピーの基本をご紹介します……「7秒でリラックス!アロマテラピー入門」

7秒でリラックス!アロマテラピー入門

♪アロマテラピーで自然治癒力を高め、健康美人を目指しましょう♪ ――アロマテラピーは、いま話題のLOHAS(ロハス)です――
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


役立ちましたらランキングに投票(ここをクリック)してください(励みになります!)
 以前、雑誌『子供の科学』を読んだら、鼻をつまむなどして香りがわからない状態で牛肉と豚肉を食べると、その違いがわからなくなってしまうという記事を読んだことがあります。

 夕食時など、外を歩いているとどこかの家の窓からいい匂いがしてきて、口中には唾液が出て、お腹がなってしまうこともあります。

 香りと味には、密接な関係があります。
 食べ物の味は、その匂いなしでは十分に知覚できないのだそうです。

 これも何かで読んだ俗説ですが、もともと我々生物の祖先は海で暮らしていました。海では”香り”がありません。全て、海水に溶けた成分を”味”で見分けるわけです。
 そして、陸上にあがって生活するように進化したとき、味覚から分化して空気中の成分を知覚できるように発達したのが嗅覚だと。

 それが正しいのであれば、匂いなしでは味がよくわからないというのもうなずけますね。もともとは、同じような働きをしていたものなのですから。

 味覚は、甘い・酸っぱい・辛い・苦い・うまみの5種類あると言われています。その5種類だけで、あの多種多様な料理の区別がつくわけではなさそうです。
 そこに”香り”という要素が加わってこそ、私たちは美味しい料理をいただけるというわけなのですね。
スポンサーサイト


役立ちましたらランキングに投票(ここをクリック)してください(励みになります!)
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://aroma7seconds.blog6.fc2.com/tb.php/106-f05f11fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。