初心者向けに、アロマテラピーの基本をご紹介します……「7秒でリラックス!アロマテラピー入門」

7秒でリラックス!アロマテラピー入門

♪アロマテラピーで自然治癒力を高め、健康美人を目指しましょう♪ ――アロマテラピーは、いま話題のLOHAS(ロハス)です――
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


役立ちましたらランキングに投票(ここをクリック)してください(励みになります!)
 私の個人的意見ですが、アロマテラピーにおける自律神経失調症の対策として最も適している精油(エッセンシャルオイル)は、ラベンダーだと思っています。

 ラベンダーは、そもそも自律神経のバランスを整える効果が期待できるとされています。

 また、リラックスすると自律神経のバランスが保たれますが、逆に強いストレスにさらされるとそのバランスが崩れてしまうことがあります。アロマテラピーに関心のある方には言うまでもなく、ラベンダーは心身ともにリラックスさせてくれます。

 ラベンダー・リラックス・自律神経の関係は、以下のようなものといえるのではないでしょうか。



 自律神経失調症に対抗する、ラベンダーの具体的な活用法をいくつか紹介します。実際に私が使用しているものです。

気分が悪くなったら、ティッシュやハンカチに精油(エッセンシャルオイル)を1滴おとし、ゆっくりと深呼吸をするように香りを嗅ぐ。
お風呂にラベンダーを6滴ほどおとして入浴する(ラベンダーには冷え性解消の効果もあり、身体を温めることは自律神経失調症の改善にもいいといわれています)。

 基本的にはこの二つがメインですが、ラベンダーを使ったルームスプレーを部屋に散布したりすることもあります。
 上にあげた二つの方法は、どちらもラベンダーのリラックス効果を期待しているものであることがおわかりになるでしょうか。特に私の場合、外出先で気分が悪くなると焦って不安になってしまって、さらに症状が悪化することがあります。そんなときは、まずリラックス。

 ただし、ラベンダーの香りはあまりきつくないとはいえ、個人の好みというのがありますから、苦手な方はやめておいたほうがいいでしょう。苦手な香りは、健康な人でも気分が悪くなったり頭痛がしたりするものです。

「LOHAS(ロハス)で自律神経失調症を改善」もご参考ください。

【注意】
試してみる場合は、自己責任のうえでお願いいたします。
スポンサーサイト


役立ちましたらランキングに投票(ここをクリック)してください(励みになります!)
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://aroma7seconds.blog6.fc2.com/tb.php/59-959f3fd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。