初心者向けに、アロマテラピーの基本をご紹介します……「7秒でリラックス!アロマテラピー入門」

7秒でリラックス!アロマテラピー入門

♪アロマテラピーで自然治癒力を高め、健康美人を目指しましょう♪ ――アロマテラピーは、いま話題のLOHAS(ロハス)です――
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


役立ちましたらランキングに投票(ここをクリック)してください(励みになります!)
 ローズマリーで自律神経失調症に対抗しようの第2弾です。

 まずは、私の体験を聞いてください。

 いつだったか正確には忘れましたが、1年ほど前のことだったんじゃないかと思います。夜寝る前に急に動悸が激しくなり、あまりのひどさに眠れなくなりました。1、2時間したら眠れましたが、そんなことが何日も続き、昼間も動悸がするようになりました。

 なにか病気では?
 と心配になった私は、さっそく病院に行って診てもらいました。結果は異常なし。おそらくは自律神経失調症からきたものでしょうとのこと。

 深刻な病気ではないことは安心しましたが、動悸が苦しいのは同じこと。特に夜がきつかったです。

 アロマテラピーで動悸にいいものってあったかな?

 と思って探してみると、ローズマリーがいいとのこと。優れた強心作用があるそうです。
(ちなみに、ラベンダーティートゥリーサンダルウッドなどにも強心作用があります)

 それを知って、毎晩寝る前にローズマリーの香りをかぐようにしました。ティッシュに精油(エッセンシャルオイル)を1滴おとして香りをかぎ、そのまま枕元に置いておきました。ローズマリーはリフレッシュ系なので、どうかとも思ったのですが……。

 それを続けていると、数日経って、いつの間にか動悸が減っていることに気づきました。さらに続けていたら、動悸は完全に治っていました。

 ということで、私の活用法です。

動悸がする時間帯(動悸がはじまったら)、ローズマリーの精油(エッセンシャルオイル)を1滴ティッシュにおとして、香りをかぐ。寝る前だったら、そのまま枕元に置いておく。

 動悸の症状がある方は、まずは病院できちんと診察を受けてみてください。異常がないことを確認したら、ローズマリーを試してみてはどうでしょう。

「LOHAS(ロハス)で自律神経失調症を改善」もご参考ください。

【注意】
試してみる場合は、自己責任のうえでお願いいたします。
スポンサーサイト


役立ちましたらランキングに投票(ここをクリック)してください(励みになります!)
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://aroma7seconds.blog6.fc2.com/tb.php/85-d83f6341
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
最近、ローズマリーの強い抗酸化成分が注目されているんですって!! ローズマリー(和名マンネンロウ)は、 チュニジア原産のシソ科の植物で、海辺で生育することが多く、 夏に咲く清らかな青い花が「しずく」のように見えることから、 ラテン語のロスマリヌス(海のしず
2005/10/31(月) 15:09:50 | いい女をつくるオススメのコスメと使い方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。