初心者向けに、アロマテラピーの基本をご紹介します……「7秒でリラックス!アロマテラピー入門」

7秒でリラックス!アロマテラピー入門

♪アロマテラピーで自然治癒力を高め、健康美人を目指しましょう♪ ――アロマテラピーは、いま話題のLOHAS(ロハス)です――
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


役立ちましたらランキングに投票(ここをクリック)してください(励みになります!)
「アロマテラピー」という言葉は、フランスの化学者ガット・フォセが最初に著書の中で使いました。1928年のことです。日本では、1985年にイギリスのアロマテラピー研究家であるロバート・ティスランドの著書が翻訳され、普及しはじめました。

 しかし、さかのぼってみるとアロマテラピーの歴史は案外古く、実に3000年以上の歴史をもっています。

”医学の父”といわれている古代ギリシアのヒポクラテスも、ハーブ関連の処方を400ほど(!)残しています。

 また、漢方の原典のひとつである「神農本草経」(しんのうほんぞうきょう)という書物には「自然界で薬に使えるもの」として750種類の物質があげられており、そのうちの多くは植物なのです。

 こんなに古くからアロマテラピーは活用されていました。
 しかし、考えてみたら当然なのかもしれません。
 植物は、はるか昔から私たちにとって、とても身近なものなのですから。

 そうして発展を続け、17世紀にはイギリスのカルペパーやジェラードなどの薬草学者が活躍し、ハーブ医学の黄金期を迎えました。

 その後、科学技術をもととした近代医学(西洋医学)にその座を奪われてしまいました。しかし、医薬品、化学療法、放射線治療、手術などに絶大な信頼を置くようになったのですが、それも壁につきあたってしまったのです。

 新しい病気や、現代病ともいえるストレスや生活習慣病に対し、ほとんど近代医学は無力なのです。そこで登場するのが、ふだんから病気にかからないようにする「予防医学」という観点です。

 冒頭に登場したガット・フォセなどによる研究の末、予防医学において、アロマテラピーの有効性が認められるようになりました。

 近代医学は、重要です。ただし、それだけでは不十分な時代になりました。

 アロマテラピーによって、私たちが本来備えている自然治癒力をアップさせ、病気にかかりにくい健康な身体を目指しましょう。
スポンサーサイト


役立ちましたらランキングに投票(ここをクリック)してください(励みになります!)
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://aroma7seconds.blog6.fc2.com/tb.php/95-e27b813c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。